気持ち・研究・理論一覧

2018弦楽器フェア 九段下 科学技術館

「2018弦楽器フェア 九段下 科学技術館」 いつも行きたいと思いつつ、行け無い状態が10年続いていましたが、今回、行きたい気持ちを優先し初めて会場に訪れる事が出来ました。今回は、日本人の製作家の出品が非常に多く、イタリアの製作家の作品も少しでは有りますが展示されていました。

ストラディヴァリウス300年目のキセキ展   森アーツセンターギャラリー

【ストラディヴァリウス300年目のキセキ展 森アーツセンターギャラリー】神尾真由子さん、ジェラールプーレさん、素晴らしかった。プーレの専属ピアニストも素晴らしかった。それに、ヴァイオリンの完成形を作った第一人者の楽器を見るべきです。

ヴァイオリンを大切に愛情を込めて奏でましょう♪

【ヴァイオリンを大切に愛情を込めて奏でましょう♪】ヴァイオリンという楽器は、木で出来ている楽器であるゆえ、生命力に溢れていると私は考えております。何十年も生きた木を、職人が、自分の求める音を創造しながら選び、そこに、音色の息吹を作り出した楽器がヴァイオリンという、弦楽器になります。

チューナーとメトロノーム♪

【チューナーとメトロノーム♪】最近、入会された生徒様用に探してまいりましたが、生徒様に御確認をさせて頂いたところ、以前に私が申していた製品を購入したいとの事でした。特にチューナーは、以前から指導させて頂いてる生徒様にもお勧め「とっても使いやすい」

長谷川寛映の楽曲に対しての考え方・研究心♪

【長谷川寛映の楽曲に対しての考え方・研究心♪この楽譜は、誰の編集、あるいは、自筆譜にそった原典版、じゃあ、アーテュキレーションは、どのようになっているのか?右手の弓順、左手の指番号、そして、どの弦を使っているか?(音の深さの為にD線、G線と使い分けられているので)