【体験レッスンで他教室/他講師からの移動してきた生徒との初対面時に対する様子】

【体験レッスンで他教室/他講師からの移動してきた生徒との初対面時に対する様子】

私は、以前有名なアマチュアの趣味の32楽器ある教室でヴァイオリンの指導を行っていました。おそらく、日本で一番生徒が多い教室でしょう。都内に数か所、神奈川に数か所、関西にもあります。そこでの実態を申します。

まず、趣味でしか考えていない為、何の楽器をしたいのかも分からな状態で体験を受けに来る人がいます。

また、出来るか不安だけどヴァイオリンをしてみたいと思い体験に来る人もいます。

けど、有名なロンド・カプリチオーソを弾けるようになりたい!!パガニーニを弾けるようになりたい!!という志をもっていらっしゃる人もいます。

結果から申すと、目的がある人は考え方が非常にしっかりしています

勿論、練習もします。レッスン時の集中力も非常に高いです。

毎回2時間続けてレッスンしても充実した時間を過ごせます

私は、その頃は、趣味で曲だけ増やし汚い音のまま弾きたいか、基礎をしっかりする事により、立派な音を作った上で曲に入るか、体験レッスン時に決めさせていました。

そのように、本人に自覚させることにより、ヤル気に差が出ます

ヤル気のない人は入会しません。あるいは他の先生に流れます。

気が付けば、1年で60人の体験レッスンや他講師から移動の生徒に指導致しましたが、半分以上が私に教えて欲しい。残りが他の先生に移りました。

私は、そこの教室での体験レッスン時の入会率で講師が300名以上いる中で1位になり表彰されました。

ヴァイオリンの講師は100名ほど居たでしょう。

私は、ただただ、本当に指導するとは、どのような事かを初対面の生徒に伝え、それに賛同した生徒の率が高かったというまでと考えております。

1位になった事は気にすることもなく、その後も初対面の生徒に指導しておりましたが、

気が付けばヴァイオリンの講師は「長谷川先生が良いよ」と各教室で評判が上がり

営業の方や講師間でも広がっておりました。

そんなこともあり、色々な生徒が私のもとを訪ねてきました。

しかし、他教室、他講師からの生徒は、3年間で30曲も練習したのに、まともに弾ける曲は、たったの1つもなく、音も「蚊の鳴くような音」で人の声にかき消されてしまう状態の生徒が非常に多く見受けられました。

そんなこともあり、そのような生徒には前述で申した通り、本格的なヴァイオリンの指導をして欲しいのかこのまま下手くそな音のままで良いのか問いただしました。

その結果、半分以上の生徒が右手の使い方、音の出し方から、学び直しました。そして、気が付いた頃には、どの生徒も立派な音になり、誰が聴いても驚くほど良い響きになりました。

このような経験をもとに、私は現在独立して指導をしております。

私の指導というのは、世界に通じる奏法になります。←ここ重要!!!

どのような人でも、本気でやる気があるのであれば立派に成長する事が出来ます

是非、将来プロになりたい。音大に行きたい。趣味でもソリストになれるくらい上手くなりたい。トップのアマチュアのオーケストラに入りたい。

真剣に心からヴァイオリンを習いたい。やりたくてたまらない。

そのような心掛けがある人は、どんなに大変な事があっても続ける事が出来ます。

そのようにお考えの人は、私の門を叩いて下さい。 真剣に御指導させて頂きます。

お電話でお問い合わせの場合:090-9382-9827

直接メールでのお問い合わせ:hiromitsu.hasegawa@gmail.com

http://musikverein-hasegawa.com/contact.html

ムジークフェラインヴァイオリン教室

ムジークフェラインヴァイオリン教室