講師プロフィール

ヴァイオリニスト長谷川寛映(はせがわひろみつ)のプロフィール

4歳半より才能教育スズキ・メソードでヴァイオリンを習い始める。 才能教育ヴァイオリン科・全課程を修了する。

昭和音楽大学短期大学部・弦・管・打楽器コース卒業。 卒業後、新潟日報主催、新潟県新人演奏会に出演し、新潟音楽文化会館併設、「リュートピア・大ホール」にて演奏する。

スズキ・メソードにて、「川口リリア・コンサートホール」、「代々木国立オリンピックセンター・中ホール」、「ノクティ・ホール」、「日本武道館」にて幾度と演奏の機会を得る。

2008年
地元、新発田にて初リサイタルを開催し「新発田市生涯学習センター・ 多目的ホール」にて「小品」を中心に演奏する。

2009年
東京国際芸術協会主催、第40回TIAA全日本クラシック音楽コンサートに出場し「サントリーホール・ブルーローズ」にて、「バッハの無伴奏ソナタ第1番」を演奏する。

2007年及び2009年
ケルン音楽大学教授Albrecht Winter氏のもとで研鑽を積む。

2014年
第10回記念 祝祭の日、「ラ・フォル・ジュネ・ジャポン2014」にて 「夢オーケストラ」の第2ヴァイオリン奏者として、渡邉恭一先生の指揮のもと、 トップで演奏する。渡邉恭一先生より、厚い信頼を得る。

パソナ特設水上ステージにて
シューベルト作曲 ロザムンデ序曲
チャイコフスキー 作曲 くるみ割り人形より花のワルツ、トレパーク
ヘンデル作曲 水上の音楽よりアリアなど
を演奏する。

これまでに、 佐々木将公(長岡交響楽団コンサートマスター)、 蔵持典与(カントロフ氏に師事)、 古谷達子(鈴木鎮一氏に師事)、 古谷いづみ(バッハ国際音楽コンクール優勝)、 川上久雄(元NHK交響楽団コンサートマスター、昭和音楽大学名誉教授) の各氏に師事する。

また、「夢オーケストラ」にてヴァイオリニストの梅沢和人氏(元大阪フィル・コンサートマスター)に指導を受ける。

同オーケストラの指揮者である田中一嘉氏に厚い信頼を得ている。

2014年11月
地元、新発田にて2度目の自主企画コンサートを開催し 「旧知事公舎記念館」にて「モーツァルト作曲 クライスラー編曲 ロンド~<ハフナー・セレナード>」 「サンサース作曲 序奏とロンド・カプリチオーソ」などを演奏する。

2015年10月
「夢オーケストラ」団員として「オペラシティ」にてヴァイオリニストの 徳永二男氏、中澤きみ子氏、三浦文彰氏、岡本誠司氏の4人のソリストと共演する。

2017年3月
「春の小さな名曲コンサート」と題し「ピアノサロンノア田園調布店Salon」にてリサイタルを開催し、「クライスラー作曲 プレリュードとアレグロ」「ヴィターリ作曲 シャコンヌ」などを演奏する。

才能教育 スズキ・メソードの略歴

2006年
才能教育ヴァイオリン科 全課程を終了する。

2002年
第50回・武道館でのグランドコンサートに出演。
オーケストラ団員としてベートーベン作曲 <プロメテウスの創造物>Op43より序曲、メンデルスゾーン作曲 ヴァイオリン・コンチェルト 第3楽章を演奏する。

また、モーツァルト作曲 セレナーデ第13番<アイネ・クライネ・ナハトムジーク> 第1楽章を演奏する。

全合奏では、バッハ作曲 ドッペルコンチェルト、ヴィヴァルディ作曲 a mollコンチェルト第1楽章を演奏する。

松本での夏期学校に参加し4日間に渡り指導を受ける。 ソリスト・クラスでは、メンデルスゾーン作曲 ヴァイオリン・コンチェルトの指導を受ける。 また、オーケストラ・クラスでは、ドヴォルザーク作曲 弦楽セレナーデの指導を受ける。

2001年から2007年にかけて
度重なる古谷クラスによる発表会に出演する。

主な演奏曲
メンデルスゾーン作曲 ヴァイオリン・コンチェルト第1楽章
ヴィターリ作曲 シャコンヌ
モーツァルト作曲 ヴァイオリン・コンチェルト第5番 第1楽章
クライスラー作曲 シシリアーノとリゴードン
ベートーベン作曲 ヴァイオリン・コンチェルト第1楽章<クライスラー・カデンツ付>

2003年5月
アンサンブル・ミューズの団員としてスズキ・メソード主催  アンサンブル・フェスティバルに出演し、ラヴェル作曲 マ・メール・ロアより 「眠りの森の美女のパヴァーヌ」「妖精の園」・ドボルザーク作曲 スラブ舞曲Op72 - 2を演奏する。

2006年及び2008年
スズキ・メソード国際音楽院の指導を受ける。

私が師事した先生方

佐々木将公 (長岡交響楽団コンサートマスター)
蔵持典与 (カントロフ氏に師事)
古谷達子 (鈴木鎮一氏に師事)
古谷いづみ(バッハ国際音楽コンクール優勝)
川上久雄(元NHK交響楽団コンサートマスター、昭和音楽大学名誉教授)
Prof. Albrecht Winter(ケルン音楽大学の教授、ゲヴァントハウス管弦楽団のコンサートマスター)
梅沢和人 (元大阪フィル・コンサートマスター)

私が演奏させて頂いた会場一覧

サントリーホール(大ホール 2006席)
サントリーホール(ブルーローズ 384席)
紀尾井ホール(800席)
オペラシティ(コンサートホール 1632席)
川口リリア(コンサートホール 600席)
国立オリンピック記念青少年総合センター(中ホール 600席)
ノクティホール(中ホール 500席)

指導歴

学生時代より、音楽面で弟のホルンの指導、音大生のピアノの指導をする。

2009年5月から2016年
ソウルアローで10人の生徒に指導する。

2016年3月から2017年3月
EYS音楽教室で30人の生徒に指導する。
EYS音楽教室では、20代から60代の生徒に指導する。

【指導内容】
・基礎作り
・教本
・エチュード
・オケ曲

体験レッスンへ

当教室で、生徒と保護者に感じ取って頂きたい気持ち

ヴァイオリンのレッスンを受ける事により、生徒に幸せを感じて欲しいです。 喜びを感じて欲しいです。
ここの教室で、幸せを作る事が出来る事。生徒の居場所である事。
安心していられるし、居心地が良い事。
人格において何も否定されないし安心していられる事。そのまま受け入れてもらえる事。
そんな風に感じて欲しいです。
人それぞれ、幸せの考え方、思いは違うと思います。
けれど、皆、何かしらで生きる喜びを得たいと思っていると思います。
スポーツ、音楽、美術、勉強、部活など・・・人によって異なると思います。

教室のことをもっと知る